投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

農作業 夏から秋へ

イメージ
こんにちは、就労移行支援事業所 irutoco. です。irutoco. のブログ。今日は『撤去作業』です。

夏も終わりに近づいて、畑にもとっても涼しい風が吹くようになりました。
そんな中、今日は弦植物の撤去作業をしました。
撤去前の状態です。


見事に絡みついています。

これを、ネットごと剪定鋏でチョキチョキと切っていきます。


途中で休憩を挟みながら作業を進めていますが、その休憩時間にとても気持ちの良い風を感じるようになりました。 秋が近いんですね。 そんなことを感じながら出来る農作業は、本当に素敵なプログラムだなと思います。 ここでとっても元気になれる利用者さんが多いのも良く分かりますし、自分も元気になっていることを感じます。

そんなことを思ったりしながらいい汗をかいているうちに、さっきの場所がこんなにスッキリしました。
いやあ、気持ちがいい!

これから、食べ物のおいしい秋に入ります。 何を植えて、何を収穫するのか、とっても楽しみです。
今日も午前中の畑仕事を終えて、お昼ご飯をおいしくいただきました。
体験利用でも参加していただけます。ぜひ。

運動と睡眠

イメージ
こんにちは、就労移行支援事業所 irutoco.です。irutoco.のブログ。今日はストレスマネジメントです。

いつもは『農業』や『レジン』『ヨガ』などを紹介していますが、就労や回復に必要な座学のプログラムももちろん行っています。
そんな中から今日は『ストレスマネジメント ~運動と睡眠~ 』の紹介です。
講義内容から一部抜粋してご紹介しますね。 「人間は動物であり、「動く仕組み」が体の中に備わっています  便利な世の中になるにつれ、現代人は運動不足になっていき、  でも、理解していても、習慣化するのは難しい・・・云々」はい、運動不足なのが分かっていても、続けるのは難しいんですよね。今日のストレスマネジメントのプログラムは、運動と睡眠の密接な関係も解説してもらいました。どちらも回復を強く後押ししてくれます。


運動することから得られる心肺機能の向上や血行促進 抵抗力または爽快感や達成感 不定愁訴の低減 などなど身体の機能面や疾病に対する効果や精神的な効果など回復へ向かう為の心強い味方となってくれそうです。また、運動することが、質の良い睡眠にもつながります。



そして、睡眠です。身体と脳の休息 成長ホルモンの分泌免疫力の向上 記憶の整理

睡眠で大切なのは、量ではなく質。
体内リズム サーカディアンリズム身体のリズムに逆らわない生活 などなど
睡眠の質を上げるのに大切なことも、沢山教えてもらいました。「なるほどな~」ということがいっぱいで今夜からは、寝るのが楽しみになりそうです。
座学にも、体験利用から参加していただけます。ぜひ、参加してみてください。お待ちしています。

飴玉みたい

イメージ
こんにちは、就労移行支援事業所 irutoco.です。irutoco.のブログ。今日はレジンです。
『ヨガ』や『ふっくらごはん』で活躍してくれたヨガ講師の優子さん今回は『レジン』について書いてくれました。まずは優子さんから


 飴玉?かと思ったら、
いいえ違うのです。レジンです。一つ一つ、手作業で丁寧に作り上げていきます。中に入れ込むドライフラワーから、手作りです。この辺りは自然環境に恵まれています。その環境の中を散歩しながら集めた草花を、乾燥させました。丁寧に丁寧に行います。だからこその、発色の良さが光ります。ぜひ、一度 お手に取ってご覧ください。

ということで『レジン』です。無心になって集中することそれは、午前のプログラムで行っている『マインドフルネス』に通じます。心を回復しながら奇麗なアクセサリーを作っています。
優子さんが書いているように、材料は近くを流れる川や道端に咲いている、雑草とも呼ばれる草花です。その草花がドライフラワーとなり、素敵な材料となります。

Twitterに投稿した動画を載せてみます。少しだけですが、制作風景がご覧いただけます。
もう一つこちらもTwitterに投稿した動画です。金具を付けています。
こうやって、素敵なアクセサリーが出来上がります。


ボタンになるものもあります。

丁寧に作られた、奇麗なアクセサリー達はいかがでしょう?制作だけに集中して丁寧に作っていると、思考のループが一時止まっていることに気付いたりもします。利用体験に来られた方でも参加していただけます。ぜひ、ご自身で感じてみてください。

農業再開!

イメージ
こんにちは、就労移行支援事業所 irutoco.です。
irutoco.のブログ。今日は農業再開です。


八月の最も暑い時期にはお休みしていた農業を九月に入って再開しました。
再開初日の九月一日は、とってもありがたいことに曇り空。
吹く風も涼しく感じて、良いスタートを切れるなあと思いました。最初は。
結局、動き始めてみれば、湿気は多いしちょっと陽が差せば暑いし、まだまだしっかり夏でした。


それでも、やはり嬉しい農業再開。
最初の作業は苗の植え付け。苗の名前は、……難しすぎて忘れてしまいました。


これ、何でしょう?



ちゃんと聞いてたのに。


一つ一つ、等間隔で植えていきます。




暑いし、休憩しながらの作業でしたが、やっぱり心地よい作業でした。


最後に少し時間を取って、イルトコの畑を見てみました。
職員が少し水やりには来たけれど、それ以外は暑い間ほったらかしだったので、どんなことになってしまっているか…。


こんなでした。




そして、こんな。





これ、紫蘇です。紫蘇タワー。




大きく育ったナスやコリンキー、そして赤くなったピーマン。





ミニトマトがバケツ一杯も取れたのに、写真を撮るのを忘れてしまいました。



手入れもしていないのに育ってくれた野菜たちをありがたく収穫してきました。
これからまた、今度は寒くなるまで、野菜を育てるお手伝いをしていけるのが楽しみです。


最後に、イルトコの畑で採れた野菜だけで、おいしいお昼御飯が出来ました。


厳しさだけでなく、幸せなことも。

イメージ
コロナ禍をつい最近まで「コロナわざわい」と呼んでいた、管理者の私。「コロナか」って呼ぶんですね。恥テレビをほとんど見ないので、テキストニュースだけだと、読み方すら思い込みばかり。。
というか、「思い込み」って、日常的にしてしまうものだと思いませんか。
自分が思い込んで決めつけてしまうこともあれば、自分のことを〇〇だと思い込んで決めつけられることがあります。
あとで聞くと、「あ、全然ちがっかった」とわかることがあるとネガティブな思い込みの場合、なんでこんなふうに捉えていたんだろうと自分でバカバカしくさえなります。(余談ですが、、)

さて、私たちは障がいをお持ちの方の就職支援をしています。その際に、その方々の得手不得手と向き合う「自己理解」の時間がとても重要になってきます。
得意なこともするのですが、えてして不得手な方にフォーカスしてしまいがち。その方の弱みが社会に出てからトラブルになったり、辞める原因にならないかを気に掛けるあまり、「社会にでると困るよ。会社でそれは通用しないよ」のようなまるで社会が厳しく、世知辛く、冷たい場所のように伝えてしまっていることに最近、気付かされることがありました。
でも、社会はそりゃもちろん厳しい面もあるけれど、そればかりではなく楽しく、幸せなこともたくさんあるんですよね。それを伝えることを、うっかり忘れていました。とても大切なことなのに。。
社会が厳しく、世知辛く、冷たい場所だけだとしたら、誰もそこに行きたいとは思わないと思います。ミスも許されず、失敗をしたら失望され、常に頑張り続けなければならない…そんな社会は誰でも嫌です。私だって嫌だ。
そうではなく、社会は、許容してくれる場所。支え合い、お互い様があり、勇気づけてくれる場所でもある。ここにいてよかった、と思える幸せな瞬間もある。
それを伝える大切さを、ある利用者さんから学びました。
*******************************************お問合せはこちらから info@irutoco.com 042-316-1256 (平日9:00~17:00)

就労移行支援事業所 irutoco. 「すべての人に幸せな日常を。」 精神障害、うつ病、発達障害をお持ちの方を対象とした就労移行支援 自分らしく生き、人の役に立つ喜びを感じられるようになるために。
https://www.irutoco.…