投稿

2020の投稿を表示しています

在宅支援で感じる大切なこと

イメージ
新型コロナウィルスの影響が収まることを知らず
あっという間に在宅支援が始まって1ヶ月が経ちました。

外出したらしたでウィルスが気になって不安でしかたない、
でも、外出しないことによるうつ症状の悪化はもっとこわい。

そんな二つの不安と日々戦いながら、在宅での訓練に取り組んでいます。


irutoco.の特徴のひとつは、通いやすい雰囲気を大切していること。

安心して通所することによる、生活リズムの醸成や
メンバー間交流の中で対人関係について経験を積んで
頂くことにあると思っています。

ただ単に就職に必要な業務スキルを身につけるだけ
ではないからこそ、通所による学び…学びっていうか、
実体験が大切なんだと感じながら支援しています。

が、このようなどう抗いようもない外的環境になってしまったら、
その特徴も活かしようがなくて、残念なこと限りない今日この頃。


在宅支援になったからこそ、これまでの日々の大切さが身に沁みます。

しかし、在宅支援は悪いことばかりではありません。
毎日朝夕の電話対応で、聞取りやカウンセリングを行い
これまで通りの信頼関係を大切にしつつ、皆さんに取り組んで
頂いている課題の進捗を確認することで、少しでも
通所してきている時と同じような意識のキープを心掛けています。

また、普段の通所の時よりも、じっくりと集中してスキルアップや
自己理解に取り組めるメリットもあると感じています。

さらに、意外と大切なのは、なにげない雑談。
ずっと家の中にいると、会話をする相手が極端に減り孤独感を感じてしまうもの。
そんな中、電話の時のたわいもない世間話さえ息抜きの一つとなり
自分が社会と繋がっていることを実感できる瞬間になるように思います。



「今日はここまでやりました」「これがわかりませんでした」
など、皆さんの取り組んでいらっしゃる報告を聞くと
こんな状況になっても将来の「就職」に向けて日々できることを
積み重ねていこうという意識を感じてうれしくなります。


毎日同じ調子をキープするのは、難しい。
それは、当然です。どんな人だって。

でも、その気持ちを、自分なりのセルフケアで切り替えて
「よっこいしょ」と腰を上げて取り組んでいる方々、
素晴らしいです!

私も、とっても重い腰ですが、日々よっこいしょ、です(笑)



先日、irutoco.に入って満1年を迎えた方がいらっしゃいまし…

菊芋

イメージ
本日の農業プログラムは菊芋の植え付けと雑草抜きです。





見た目はじゃがいもやしょうがのような感じ。大小様々です。
根っこがついているものもあります。







穴を掘って、1つ1つ埋めていきます。




利用者の皆さんも頑張ってくださいました。


菊芋はあまり馴染みがありませんが、実は健康効果の高い野菜です。

イヌリンという食物繊維が豊富で糖尿病やメタボ対策に効果的です。

芋の中でも、ほとんどデンプンを含まないのが特徴で、生食もできます。

生だとサクサクとした歯ごたえがあり、素揚げにするとほくほくして美味しいです。







菊芋は繁殖力が強いので収穫が楽しみです。

残りの時間は雑草抜きをしました。

菜の花がきれいに咲いていました。



土に触れ体を動かすと、本当に気持ちが良いです。次回が楽しみです。




農作業日和

イメージ
農園に現地集合して、農業プログラムを行いました。


農業は外の作業となるため通常通りに行っています。




今日はお天気も良く、農作業日和















天気は良いけど室内で

イメージ
久しぶりの更新です。だいぶサボってしまいました。




 今日の午前中は農業組と室内組に分かれてのプログラム。
 農業組が長靴と麦わら帽子で出かけた後、室内組もまずは外に出てお散歩です。近くの川沿いを歩いて、少し離れた大きな公園まで。お日様が出て、さわやかな空気がとても気持ち良く、川沿いに咲いている桜がとても奇麗でした。







 お散歩から戻った後は、革製キーホルダーの金具付けの作業。組み立てて、叩いて。数をこなすごとに上手になっていく楽しい作業でした。



 作業が終わってお昼になるころ、農業組が戻ってきてお昼ご飯。みんなと一緒に食べる方、一人で静かに食べる方、思い思いに食事を満喫。今日もとってもおいしいご飯でした。



 お腹が満足して一休みした後、午後はクラフトやパソコンのプログラムです。
 レジンアクセサリー作りやパソコンのスキルアップ。それぞれがそれぞれの方法で、今日も少しだけ前に進みました。